動物を医薬品で守っていきましょう


近年では1つの家庭に当たり前のようにペットを飼い、家族同様に愛情を注いでいる方が多くなっています。

大事な家族の一員ですから、当然に病気に掛かったり、様々な症状が出た際には、医薬品などを使い、症状を改善してあげたいという思いに駆られるのは当然のことでしょう。

ここら辺の思いというのは、人間に向ける愛情となんらかわりがないことでしょう。

動物用医薬品は、こういった需要で利用されることが多い医薬品なのですが、人間の物同様に、保健衛生上で極めて重要と位置付けられているものになりますから、薬事法によって様々な規制が設けられています。

動物用医薬品の対象となる動物というものも定められており、大きく分けて、産業動物と伴侶動物になります。

この産業動物というのは、一般的に家畜と言われている動物になり、牛や豚、羊ややぎ、馬、にわとりといったものが有名ですね。

他にもあひるやうずらといったもの。

更に洋食水産動物などの魚にも適用されます。

そしてミツバチや蚕といった昆虫も対象にされているのです。

一方で伴侶動物というのは、ペットとして飼われていることが多い、犬や猫、小鳥といったものや観賞用魚などになります。

近年では、爬虫類系の動物も伴侶動物として飼われることが多くなっていますから、当然に対象になります。

気になるのは人間用の医薬品との違いでしょう。

人間に用いられる医薬品は、大別してドクターの処方を受けて手に入れられる医療用医薬品と、ドラッグストアやインターネット通販などで購入出来る一般医薬品とがあります。

動物用医薬品も同様に獣医師の処方によって購入出来る医薬品と、ドラッグストアや量販店などで購入することが出来るものとに分けることが出来ます。

ただし小動物を対象にした動物用医薬品の多くは、医師の処方箋薬になっていることがスタンダードとされています。

処方箋薬でも一般購入が出来るものでも、基本的には安全性が認められているものという部分では、人に用いられる医薬品と変わらない特徴を持っているといえるのです。

ただし、産業動物に用いられる動物用医薬品については、その使い方において大きな違いがあるとされています。

伴侶用動物であれば、気にすることはないものの、産業用動物の場合には、精肉などに加工され、人間が口にする可能性も高いことから、食品となった場合の安全性にも気を配らなければならないという点が大きな違いになってきます。

更新情報