動物用医薬品の販売について

動物用医薬品を販売するために、様々な許可などが必要なのかという疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

実際に動物用医薬品を販売したいという事業者になりたい方もいらっしゃれば、実際に動物用医薬品を購入したい場合に、安心できる販売元であるのかどうかを確認するためにも、こういった知識を把握していると役に立つことでしょう。

動物用医薬品を販売するためには、販売業の許可を受けている必要があります。

動物用医薬品を販売する場合、主に販売形態であったり、どこに販売をするのか。

その他にもどういった動物用医薬品を扱うのかによって、4種類に大別することが出来ます。

1つは店舗販売業。

更に卸売販売業、更に特例店舗販売業、最後に配置販売業になります。

これらのスタイルのいずれであっても、各都道府県の知事からの許可が必要になりますから、そういったものがない販売業者は違法で動物用医薬品を販売しているということになり、簡単に判別することが出来ます。

手続きなどに関しては、各都道県に存在している動物薬事主務課というものが存在していますから、こういった所に問い合わせをすると良いでしょう。

動物用医薬品とはちょっと違いますが、同様に動物用の医療機器を販売したり、レンタルするといった場合でも、各種届出を出しておく必要がありますから覚えておきましょう。

医療器具に関しては3種類に大別することができ、高度管理医療機器と管理医療機器については、これも動物用医薬品同様に各都道県知事の許可が必要になります。

ただし一般医療機器に関しては、規制が掛けられていませんから、動物用一般医療機器の販売やレンタルに関しては、特別な許可がなくても自由に行うことが可能です。

更に動物病院などで処方してもらった動物用医薬品があまってしまった場合、オークションサイトなどで販売をすることが可能かどうかという疑問をお持ちの方がいらっしゃいますが、動物用医薬品販売業の許可をうけていれば問題はないものの、それ以外の方が販売を行うことは出来ません。

動物用医薬品を販売するには登録販売者にならないといけない

動物用医薬品の販売を行いたい場合、登録販売者になる必要があります。

登録販売者になるためには、動物用医薬品登録販売者試験を受験し合格するか、薬事法施行規則159条で規定されている試験に合格をし、各都道府県知事の登録を受ける必要があります。

この登録販売者試験というものなのですが、基本的には筆記試験になります。

筆記試験の内容になりますが、医薬品に共通している特性といったものと基本的な知識というジャンルになります。

他にも動物の身体の働きについて。

更にそれと関連した医薬品についての知識。

医薬品とその採用についての知識。

薬事に関しての法規や制度についての知識などから出題されます。

登録販売員試験の実施日ですが、各都道府県によってまちまちです。

これは事前に公示をすることになっていますから、自身が販売を行いたい都道府県のホームページなどをチェックして試験日を確認しておきましょう。

この公示では施行する期日ははもちろん、試験会場についての情報や、受験願書の提出期限なども内容に含まれています。

都道府県の公報と公示板などへの提示。

更にはホームページへの掲載というのは、義務付けられていますから、これらのものをチェックするようにしましょう。

より詳しい情報を知りたい場合には、各都道府県の動物薬事主務課に問い合わせをするのが良いでしょう。

基本的に試験を合格した都道府県に提出するのではなく、実際に動物量医薬品を販売した都道府県に合格通知の写しを提出して登録をするというのが一般的ですから、間違えないようにしましょう。

他にも薬事法によっては、店舗管理者と医薬品登録販売者の兼務は出来ないことになっていますから、兼任にならえないように注意をすることも重要です。

指定医薬品を扱うためには、薬剤師が在籍している必要があり、い亭医薬品以外の医薬品販売は登録販売員である必要がありますから、これも覚えておきたい所ですね。

動物用医薬品であっても販売をするためには、こういったルールを遵守する必要があるのです。

>>人気の育毛剤とは<<

次の記事: を読む »